熟女出会い

アゲアゲ熟女出会いSNS

俺のの子供を身ごもった熟女の彼女の話です。彼女今から35年位前。その当時、2ショットダイヤルとかテレクラとかか職場で流行っていて、同僚が昨日は何人ナンパできたとか、ホテルから直接出社したとかの自慢話を聞かされていました。
そのうち自分も出来るのではないかと思うようになり、テレクラ通いをするようになりました。
おきまりのパターンで援助がどうの、お小遣いがどうのと言う熟女女性が多く、現実はこんな物かとあきらめた時に彼女につながった。

 

熟女の彼女とは当時一回り離れていて、結婚しているとのことだったので、後腐れないと思い、猛アタックして、やっとのこと約束を取り付けました。
出会いが出会いなので話も早く、即ホテルに向かいました。

 

彼女は若く、肌もきめ細やかで出産してるなんて信じられない位スタイルが良く、SEXも積極的でした。
一度きりはもったいないとまた逢うことを約束し、こちらの連絡先を教えました。
当時は携帯電話など普及してなく、会社の電話番号とポケットベルの番号を伝えました。

 

実は彼女、旦那さんが無職でテレクラで援助交際して生活費を稼いでいたそうです。当然私もその対象だったのですが、彼女が私を気に入ってくれたらしく、お付き合いしたいと思ったそうです。

 

何度目かの逢瀬の時、彼女は大丈夫だからと言って私の精子を中で出して欲しいといいました。中で感じたいと言って。

 

正直抵抗がありましたが、人の物に私の精液を注入すること。
それを喜び絶頂する姿を目にする度にそんな気持ちも薄れていきました。

 

旦那さんは私に汚された熟女の秘所を舐めまわし、己の肉棒を差し入れ快楽を享受している。そんな背徳感が私を更に興奮させるのです。

 

彼女は私に「貴方の子供を産みたい。」と言ってきました。
そんなこと許されるのか。いや許されないだろうと頭では判っているのですが、私の精子が熟女の卵子と結びつき、私との子供が彼女の産道を通り生まれてくる。
私のS性が今まで感じたことがないほどの喜びを覚えます。

 

それ以降、私はその行為を種付け調教といって、如何なる時・場所であっても彼女の子宮に注ぎ込みました。
彼女も射精した私の物をフェラし勃起させ挿入し、中で射精させる。
積極的に腰を振り、奥深く挿入することを哀願し、絶頂して精子を中に浴びるようにしていたようです。

 

数ヶ月後、彼女は願い通り妊娠しました。
私と旦那さんの血液型は同じ。変な血液型が生まれてくる可能背は低い。
ただ、実際はどうなのかは判りません。本当に旦那さんとの間の子供かもしれません。
私的には彼女が妊娠したことによって一つの目的が完結しました。

 

彼女とはそれ以降も逢って、中出しSEXは続きました。
子供が3人欲しいとのことでしたので、3人目も私との子供を望んでいました。

 

私は彼女の出産を待たずに転勤となり、お別れすることになりました。
寂しい思いをするのは嫌だと言うことで電話はしないで欲しいと言われましたが、一度だけ出産後に電話掛けました。
私によく似て色白の男の子だったそうです。
大切に育てるから安心してと言われました。涙が出ました。彼はもう成人しているはずです。

 

私は、その熟女とは、熟女浮気のつもりでしたが、浮気の一線を越えに超えてしまったのかもしれません。
こんな事、今なら絶対にしてはいけないと思います。それだけに主婦熟女出会いは、思い出深い出来事でした。

 

熟女出会いサイトで2人のおじさんと出会いました

 

場合によっては、エッチもありかもって感じでした。そのうちおじさんは、立ち上がると、どこかへ行ってしまいました。
もしかしたら、体調が悪いのか、熟女の私が気に入らないのかよくわかりませんでした。

 

エッチの体験がある私には、なんとなく想像ができました。そして、ますます体が熱く火照ってくるのが分かりました。あんないやらしそうなおじさんが、私を見て興奮して、そして1人でしている姿を何度も頭の中で繰り返し妄想しながら、私もクリちゃんをお触りしたくてたまりませんでした。

 

その後、残ったおじさんに私は、大胆な行動に出ました。
まさか同じことは起こらないだろうな、とは思ったものの、心のどこかで期待していることも、有りました。私はドキドキしたままでした。でも、しごいてるおじさんの荒い息がすぐ耳もとで聞こえるような気がして、私もかすかに、お尻を揺さぶっていました。

 

私は、まわりを見回しました。
平日の午前中の公演には、人はほとんどいません。
誰も私に関心を払ってないことを確かめると、私はうつむいたまま、なにげなく人差し指でクリちゃんをいじりました。そして、痒くて?いているかのような、さりげない手つきで、こすりました。すごく敏感になっている割れ目に、細い布地が食い込んで、その瞬間、甘い快感が全身に広がりました。

 

思わず声が出そうになるのを、必死で我慢しなければなりませんでした。熟女との出会いからとんでもない事になってしまいました。

熟女とは一体何であろうか

 

Wikipediaで「熟女」の定義を調べると、「熟女とは、中年(以上)の熟年女性を指す言葉」とある。
では、熟女とは中年以上の女性であれば、だれでも熟女に該当するのであろうか?その答えは否であろう。
今般、テレビなどのメディアでも熟女好き芸人など熟女を恋愛対象と見ることを売りにしているタレントが一般化している。ピースの綾部やロバートの秋山、キャイ?ンのウド鈴木などが最たる例だろう。

 

ここでのポイントは、彼らが、中年の美しい女性を恋愛対象としている点だろう。
一般的に中年の女性の呼称として「おばさん(またはおばちゃん)」という言葉がある。単に熟女をおばさんと呼ばないのは何故だろうか?それは、おばさんには単に年齢以外の定義がないためではないだろうか?
あえて「熟女好き」という言葉を使っている意味は、熟女という響きに性的な意味を含んでいるからだという答えに辿り着くことができる。

 

例えば、アダルトビデオなどでも中年女性が出演するシリーズを「熟女もの」といい、カテゴライズされている事からも窺い知ることができる。決して「おばさんもの」とは言わないだろう。そもそもおばさんという言葉の響きが「綺麗さ」「エロさ」などのイメージが紐づかないからであろう。

 

つまり「熟女」とは、少なくともその対象が性的魅力を持ち、かつ、中年と呼ばれる年齢であることが最低限の条件であるといえる。
では、何歳からが熟女に当てはまるのだろうか?これに対しては、人によって意見が分かれるところだと思う。

 

そこで、例として「熟女女優」というキーワードでインターネット検索をかけてみよう。すると、次の女優名が表示された。
黒木瞳54歳、岡江久美子53歳、かたせ梨乃57歳、杉本彩46歳
これらの女優名を聴いてどのような印象を受けるだろうか。彼女らを熟女とすることについて異論がある人は少ないのではないだろうか。

 

では、以下の女優ではどうだろう。井川遥39歳、米倉涼子39歳、松嶋菜々子41歳、深津絵里40歳

 

いずれも熟女女優というキーワードで検索対象でヒットはしてくるが、なんとなく熟女というには違和感を感じる人もいるのではないだろうか。感覚的には、やや若すぎるきらいもある。

 

10代、20代前半の男性なら熟女の定義に当てはまるかもしれないが、一般的には熟女というよりは、「お姉さん」という印象を持つ人も少なくないはずだ。
これらの事からまとめると、年齢の定義は人によって若干の誤差はあるだろうが、一般的に「熟女」の定義は、40代後半以上の性的な魅力を感じさせる女性と結論づけることができるだろう。

 

熟女とは、価値観が似ていないとやはり楽しくない

 

私が結婚を決めた理由は、価値観が近かったことです。

 

価値観と一言で言っても色々とありますが、私の場合は「結婚に対する価値観」「食べ物に対する価値観」が似ていたためでした。

 

1つ目の結婚に対する価値観は誰もが同じであるべきだと考えているでしょうし、これが合わないと結婚しようと思いません。
よく、家事分担を決めるということを聞きますが、家の場合は役割分担はありません。
「やれる時にやるれほうがやる」ということで、お互いが家事を臨機応変にやっています。ですから、部屋が散らかっていても、文句は言いませんし主人からも聞きません。
どちらがやると決めていないので文句の言いようがありませんし、きれいが部屋が良いのならその人が綺麗にしたら良いだけです。
私は主人に出会う前に付き合っていた人は「女性は家事をするべき」「男性はゴミ捨て」など、役割を完全に分けてるという考えの男性ばかりだったので、「お互いに家事をやるという考えの人はいないのだろうか」と諦めていたところに主人と出会ったので、こういう考えの人がいるんだと驚きました。

 

2つ目の食べ物に対する価値観は「え?」と思う方もいるかもしれませんが、大切なことだとおもいます。
ご飯粒を残さないなど、食べ物に対する考えから好みの味付けといったことが合わないと食事の時間を楽しむことができないからです。
共働きや子育てで会話する機会が少ない日々の中、食事の時間は夫婦で会話を楽しむ大切な時間だと考えています。この食事の時間に、せっかく作った料理に箸をつける前からソースをかけるなんて事をされたら、作った方は良い気分ではありません。せっかくの大切な時間を楽しめなくなってしまします。

 

お互いが好きな味付け、好みの食材が同じだと「おいしいね」と同じ時間を楽しむことができ、共通の話も増え会話も弾み食事の時間が楽しみになり、料理も主人の顔を思い浮かべながらで楽しいですし、料理の腕も上達します。

 

結婚はお互いがお互いに感謝の気持ちを忘れず、やってもらって当たり前と考えないことが大切です。それが当たり前に思ってしまうと関係は崩れていくと思います。この考えも主人と共通している点です。結婚の価値観が同じだとお互い苦にならず、結婚生活にも溝ができないので毎日が楽しく負担も少なく過ごせます。
これが私の結婚を決めた理由です。結婚することに焦らず、じっくり相手を探してよかったなと痛感しています。